戦争と平和

「ピカソ戦争と平和美術館」は礼拝堂内の巨大壁画が見られる美術館

南フランス・コートダジュールにあるヴァロリスは、古くから陶芸の町として知られています。しかし、ちょっと衰退していた時期もあったのです。

ところが1948年、ピカソ(picasso)が移り住み、大量の陶芸作品をヴァロリスで作り出したことから、また陶芸の町として活気を取り戻しました。

ピカソ戦争と平和美術館は、別名・国立ピカソ美術館または『戦争と平和 国立ピカソ美術館』とも呼ばれています。

ヴァロリス城は12世紀に造られた修道院を16世紀に城に改築した建物で、ピカソ戦争と平和美術館があるのはその中にある礼拝堂です。ピカソは70歳の誕生日を祝ってくれた町の人々への感謝のため、お礼にこの礼拝堂に壁画を描くことにしました。

この美術館に飾られているのは『戦争と平和』という作品のみです。

 

 

対の作品『戦争』と『平和』そして『世界の4つの部分』の3枚で1セットの『戦争と平和』。

『ゲルニカ』や『朝鮮の虐殺』は戦争反対を前面に打ち出した内容になっていますが、『戦争と平和』では、戦争の愚かしさと共に、幸せや世界平和の大切さが描かれています。

『戦争』と『平和』は、かまぼこ状の礼拝堂の内部の天井部分で左右に分けられ、その奥には2つの作品をつなぐように半円形の『世界の4つの部分』が。

天井までびっしり絵が描かれている礼拝堂に入ると、全身絵に囲まれその迫力に圧倒されます。

ヴァロリス城の中にはピカソ戦争と平和美術館以外に、陶芸博物館とマニエリ美術館という2つの施設があります。

ヴァロリスで制作された陶芸作品の多くはアンティーブのピカソ美術館に展示されているのですが、こちらの陶芸博物館でもピカソの陶芸作品やマティスと競作した石版画などを見ることができます。

ヴァロリス城内には、もちろんミュージアムショップもありますよ。

ヴァロリス城前の広場には、ピカソが寄贈したブロンズ像・『羊を抱えた男』も。この作品はピカソには珍しく公共の場所のために造られた像です。パリのピカソ美術館やアメリカのフィラデルフィアには、この作品のコピー作品があるそうですよ。

ヴァロリスの町の中には、以前はピカソのレプリカを制作していたマドゥーラ窯も残っています。

マドゥーラ窯はピカソが陶芸を習い、大量の陶芸作品を生み出した場所です。

ピカソはレプリカの食器が、食卓で日常使いされることを望んでいたようですよ。

現在マドゥーラ窯ではアトリエをギャラリーとして一般公開しているため、ピカソの作品やピカソのレプリカを見ることができます。

ピカソの陶芸については、『ピカソの陶芸』という本に201点の陶芸作品が収録されています。

 

ピカソの陶芸

『ピカソの陶芸』監修:岡村多佳夫(パイインターナショナル)
http://amzn.asia/4EGSQ8E